雑記ブログ

契約はもうデジタルの時代!リーテックスデジタル契約とは?

契約はもうデジタルの時代!リーテックスデジタル契約とは?

コロナウイルス感染症の危険が及ぶ中、紙の契約書を取り交わすためだけに、会社に出社し製本し郵送するというアナログにいる方は是非とも、電子契約をお勧めします。

電子契約になる事でムダな仕事を減らす事が出来、売上に繋がるような生産的な業務に注力する事が出来ます

至極当たり前の事のように思えますが、「よくわからない」「面倒くさそう」などで切り替えを仕切れない企業も多いと思います。

今回は、少しでも内容を把握し、簡単に始められるサービスをご紹介します。

そもそもなぜ、電子契約が重要なのか

冒頭でお伝えした通り、売上に繋がらないムダな仕事を減らし、売上に繋がる生産的な業務に注力する事にあります。
売上に繋がらない業務は、1時間行ったらその分の時給分の損失になるだけではありません。
仮に、1時間でも多く営業する事で1社でも契約を取る事が出来たら、収益になります。

つまり、契約を勝ち取れたかもしれない時間を、製本・郵送といった事務的業務に当ててしまっているという事です。1契約で10万円ならば、10万+人件費の機会損失となります。

これが積み重なると、大きな機会損失も考えられます。

だからこそ、売上に繋がらないようなコストは削減すべきなのです。

その代表格と言えるのが契約書ではないでしょうか。

  • なぜ、製本しなければならないのか
  • なぜ、郵送しなければならないのか
  • なぜ、到着確認、棚に保管などしなければならないのか

電子契約ができれば、これらが不要になります。

もちろん顧客が製本したものでないと、ダメというルールの企業が多い場合は難しいかもしれません。

ただし、これからは徐々にどの企業も電子契約に移り変わるでしょう。

ぜひ、電子契約の移行を検討頂くことをオススメします。

電子契約で契約は成立するのか?

リーテックスデジタル契約のサイトによると下記の説明をしています。

日本においては一部の契約類型を除き契約をするにあたって法的な要件はありません。
一般的には、紙で契約しなければいけないとか、実印を押さなければ契約として成立しないということはないのです。
口頭での合意も契約になります。
そういう意味で、どのような電子契約サービスであろうとも、契約する当事者同士が合意して使う限り、契約として成立します。

リーテックスデジタル契約サイトより引用

リーテックデジタル契約とは

法人間での契約を行う時に便利な電子契約サービスです。
つまり、BtoBのビジネスを行っている企業にとってはお勧めのサービスと言えます。

下記に料金表も記載しておりますが、無料から使う事が出来ます
私がタラタラとサービスについてご紹介していますが、まずは試しに使ってみて、実際に体験していただく事をオススメします。

電子契約となると、情報流出などが心配されると思います。
確実に心配が0になる事はありません。しかし、紙の管理であっても郵送先を間違えたり、紛失するなどリスクは0ではありません。

そんな中、リーテックデジタル契約では、リスクを極限まで抑えるためにセキュリティ対策を厳重に行っています。
具体的には、電子債権記録機関(国の指定機関)であるTranzax電子債権株式会社への利用者登録を実施など、厳重な本人確認をしているようです。

また、利用する際には毎回ワンタイムパスが発行されるなど、第三者によるなりすましを防止しています。

[st-mybutton href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BK7WJ+9NP62A+4I12+5YJRM" title="リーテックデジタル契約へのリンクはこちら" rel="nofollow" fontawesome="" target="_blank" color="#fff" bgcolor="#e53935" bgcolor_top="#f44336" bordercolor="#e57373" borderwidth="1" borderradius="5" fontsize="bold" fontweight="bold" width="" fontawesome_after="fa-angle-right" shadow="#c62828" ref="on"]

リーテックデジタル契約のポイント

業務効率化につながる

本来は、印刷→製本→送付→保管という売上に繋がらない事務的業務が発生します。

しかし、デジタル契約の場合は、作成したPDFの契約書を送付し、取引先にも署名をしてもらったら完了です。契約書はサーバ内に保管される為、保管場所を探す事も大事にしまう事もありません。

簡単に言えば、「送って情報入れてもらって終わり」です。
かなりの業務効率化と言えます。

保管のコスト、リスクを少なく出来る

契約書の保管は、思いのほか大変です。そもそも、契約書を保管するためのスペースを用意しなければなりません。スタートアップなどで、書類を置く棚のスペースを用いるために、少し大きなオフィスを選ばれているのであれば、オフィス代自体が大きなコストになります。

また、紙の場合、水漏れなどによる破損や、災害などで紛失する恐れがあります。
電子契約の場合も、紛失する恐れは100%ないとは言い切れませんが、紙で保存するより安全性が高いと思います。

管理が楽になる

業務において、契約書をもらっているか確認したり、改めて契約内容を確認するという事があると思います。紙の資料の場合、いちいち保管されている場所まで移動し、「あいうえお」順などで並ばれたファイルを調べる必要があります。

電子契約であれば、クラウド上に保管されているので、検索して直ぐにアクセスしやすく、また閲覧権限があるメンバーでは同時に確認する事もできます。

リーテックデジタル契約の料金(2020年8月時点)

エントリープラン

  • 料金:無料
  • 契約受信:無制限
  • 契約発信:5回まで
  • 締結済み紙の契約書保管:1GB

スタンダードプラン

  • 料金:月1万(税別)
  • 契約受信:無制限
  • 契約発信:実印レベル月5回まで、認印レベル無制限
  • 締結済み紙の契約書保管:100GB

プレミアムプラン

  • 料金:月10万(税別)
  • 契約受信:無制限
  • 契約発信:実印レベル月20回まで、認印レベル無制限
  • 締結済み紙の契約書保管:100TB

他にはエンタープライズがありますが、別途お見積りです。

まとめ

契約業務を効率化したい企業は是非試していただく事をオススメします。

特にリーテックデジタル契約は無料プランから始める事が出来るので、まずは活用してみて本当に便利かどうか確かめてみるとよいでしょう。

リーテックデジタル契約へのリンクはこちら

  • この記事を書いた人

りゅうじ

元ギター講師のWebマーケティング・ディレクター、事業マネジメントや新規事業の立ち上げなどを行う。趣味はディズニー・映画・読書・テニス・野球・芸術鑑賞・寺社仏閣巡り・写真・その他いろいろ。もっと人生を楽しく充実させるために、情報を発信中。

おススメ記事

心理効果大全 1

「見ちゃダメ」といわれると見たくなってしまいますよね。 人間の行動には「つい」考えてしまう・やってしまう事があります。 今回はそれらの効果を一覧にまとめました。 使用用途としては主に2種類あります。 ...

Webデザイナーに独学でなれるのか?即戦力になるための方法を紹介 2

Webデザイナーって学校に通わないといけない? 独学じゃ無理なのだろうか…。 本記事では、そういった疑問に全力でお答えします。 私はWebデザイナーから始まり、現在Webビジネスの事業全体を見るディレ ...

-雑記ブログ

Copyright© ライフコーディネート学校 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.